FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 8/9 探究のはじめ

『現代武士道』の確立を!(No1)
(求む!関心のある同志!)
うっかり「武士道」を定義づけたりすると各方面から集中砲火を浴びそうな昨今の風潮であるが、それだけ日本人には別格な思い入れがあるという証だろう。
現在において『武士道』という表現は同一でも、その意味するところは人によってばらばらというのが実情ではないだろうか・・・。

そういった環境下で、あえて現代に必要な「武士道」とはどうあるべきなのだろうか?という事を私なりに探求してみたいのである。
(関心ある方コメント下さい)

まず『現代武士道』という言葉が武士道論でははっきりと使用されているかどうかはわからない。すでに誰かが定義づけているかを知っている方がいればご教示ください。

とにかくあろうとなかろうと私なりにこの言葉を確立していきたいと考えているのである。

★武士道の大雑把な流れ
 ① 江戸時代より前の主従が契約関係(中世ヨーロッパのような)であった時代の武士道。

② 江戸時代、いわゆる絶対的忠義が求められた主従関係時代の武士道。

③ 明治以降、武士階級は廃止されたが天皇制・軍国主義的環境のなかでの武士道と言われる考え方「近代武士道」
  ★有名な新渡戸稲造の「武士道」はご存じの方も多いと思うが、江戸時代の武士道を単に英訳して外国に紹介したものではなく、彼のキリスト教的宗教観も加味した独自の(外国の宗教による道徳観に代わる)武士道であり、よく読んでみるとちょっと違うな、と感じることが多いのである。

④ 私(われわれ)が確立しようとしている「現代武士道」。これはすでに武士も兵隊(徴兵制ではないという意味で)もいない現在の世の中で、男女ともに日本人としての精神の拠り所、あるいは規範となるような哲学・思想、または道徳感に近いようなものになるのではないかと考えられるのである。

★ という訳で、われわれの探求後のオリジナルな考えを発表していこうと思うのであるが(NO2以降)、共鳴者も出てきてくれそうな半面、強力なリアクションもでてきそうで、どうなることやら、楽しみなことでもある・・・・。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。