FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代武士道』の確立!にチャレンジ(No12)







『現代武士道』の確立!にチャレンジ(No12)

★儒教と武士道

歴史の古さから言っても儒教が武士道に大きな影響を与えている、あえて言えば母体となっているといっても過言ではないだろう。


儒教の教えは「仁・義・礼・智・信」であり、例えば「仁」は武士道の重要徳目である
「惻隠の情」に繋がるなど、まさに武士道の根幹をなすものである。

紀元前に孔子によって確立された儒教はその後朱子学、陽明学など枝分かれを出したが、武士道の思想も一つではなく、それぞれ朱子学や陽明学などの影響を強く受けて複数の考えがあるというのが本当のところであろう。

それぞれの詳細はとても述べきれないが、武士道研究の諸学説がまず儒教の影響を根本的に認め、論点をそれらの儒教の流れをくむ考え方と武士道は何が違うのかという観点から諸説を述べている事からもそれは証明されるであろう。

そこからも類推されるように武士道は宗教のように絶対的な教義的なものがあるのではなく、思想・哲学として様々な解釈があることもうなずけるのである。

つまり武士道は絶対的な正しさを無批判に教え込まれるべきものではなく、勉学し、悩み、考え自ら悟りを開く部類の物なのだろうと私は思う。

従って武芸の修業は悟りを得るための一つの方法であってそれが武士道に絶対的に必要なものではない。

思想であるからこそ現代においては老若男女、すべての人がその気になれば理解し実行できるものなのである。・・・・(まとめに続く)





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。