FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴乃花親方が対峙したもの:サル山と極似した日本型酒飲み村落共同体!

理想を追う「孤高のサムライ」と変化を嫌って群れる村人たち。
既得権を守るサル山のボスたちに盲従する日和見サルたちに理論で立ち向かうのはさぞかし大変だったろう貴乃花親方。
なぜなら善きにつけ悪しきにつけ異端を排除する大義名分を、村落共同体のボスグループは持っているからだ。
それは「安穏な秩序を乱す不届きもの」という錦の御旗である。

しかし大衆の心はいつでもムードで変化する。
今回の貴乃花親方のチャレンジは花と散ったが、最終的に足をすくった弟子をを責めることはなかった。
しかも、その責任を一身に背負って全面降伏のスタイルととった貴乃花親方の姿勢はやはり「天晴れサムライ」7であった」7といえるだろう。
まだチャンスはある。親方の捲土重来を大いに期待したいものである。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。